人事評価制度策定・見直し

変化し続ける経営環境に適応し強い体質の企業となるために、 また目先の実績も確実に上げていくために、「やったことがやった分だけ認められる」 能力主義的人事制度は重要な意味を持ちます。

項  目 内  容
制度構築の目的
を明確にする
従業員にやる気を与える。
売上、利益状況と人件費の増減に相関関係を持たせる。
 (労働分配率、利益額のコントロール)
オープンな組織風土(社風)の醸成。
 (基準を明確にすることで人事評価に対する不満感を無くす)
適正な人材育成策の実施。
 (能力判定を人材育成策へ反映)

導入目的は、その企業が抱えている経営課題によって異なりますが、 いずれにしても、目的を明確にした上で導入することが必要になります。
制度設計のポイント 多面的な評価ができるものにすること
 (結果評価、能力評価、上位評価のバランス)
多階層にわたる社員を制度の策定に参画させること
評価のフィードバックを実施すること
評価者訓練を行うこと
制度そのものの定期的なメンテナンスを行うこと
制度策定プロセス 人事処遇制度の現状把握
人事評価システム構築目的の明確化
人事評価システム導入スケジュールの検討
職種の分類及び評価対象業務の検討、評価項目設定
評価基準の設定
評価手続きの検討
運用マニュアルの作成
全社説明会・・・評価制度試運用~本運用

お問い合わせはこちら

▲ページの先頭へ