中期経営計画

企業経営に戦略(将来方針)が重要であることは論を待ちません。
歩いていても足元だけを見ていれば(損益・資金状況の確認のみでは)道を誤ります。
目先の数字のみではなく企業体質の強化につながり得る将来戦略の検討と実行計画の作成を行います。

項  目 内  容
計画策定の目的 自社の将来を保証し得る戦略を構築する
企業の将来目標を明示し、全社員に共有化をはかり、目標意識を持たせる
目標意識と同時に目標達成のための役割分担を明確にする
役割分担の明確化を通じ、責任感の醸成と仕事のやりがいを持たせる
事業理念(経営者の事業に対する思い入れ)を全社に浸透させる
検討すべき
体質強化目標
営業構造改善目標
商品力強化目標
(営業構造面と商品面の目標を「戦略目標」と位置づけます)
組織構造改善目標
組織風土改善目標
人材能力向上目標
(組織・人材に係る目標は、戦略実行のための「手段目標」です)
財務体質改善目標
(戦略が実行できた場合の目標数値であり、「結果目標」です)
計画策定手順 自社の現状分析(経営診断
今後の経営環境の分析と成功要因の検討
体質強化目標の検討・設定、行動計画の作成
計画進捗管理体制の検討
経営計画書のまとめと全社発表

お問い合わせはこちら

▲ページの先頭へ